下の音楽を聴きながら。

音楽を聴きながら写真をクリックしてお楽しみください。

2017年3月29日水曜日

ザゼンソウが咲きだす・・・八ヶ岳自然文化園にて

 ザゼンソウが咲はじめ。
僧侶の座禅を組む姿に似ていることからこの呼び名がつけられたという。この花はサトイモ科の多年草である。肉厚の花序は開花するとき約25度発熱をだし、その熱で雪が解かされ春は早くに咲くらしい。八ヶ岳自然文化園でも見られる。(写真)まさに達磨大師である。何故熱を出すのであろうか??不思議な花である。熱を出すことにより結構匂い、その匂いを求めて昆虫が集まり交配を助けてくれるという。春先の珍しい花なので観察に出かける人も多いとか。この辺りでは入笠山が良く知られている。手軽に訪れられる八ヶ岳自然文化園もこれからが鑑賞時期である。

雪の解けた後、公園は名残雪とまるやち湖に写る八ヶ岳の姿が春の訪れを一段と感じさせてくれる。

わが家の庭のクロッカスも数少ないが少しずつ咲きだし、春の訪れを告げている。


問答をしているようなザゼンソウ。






日差しで美しいクロッカス。


八ケ岳自然文化園のまるやち湖の今


2017年3月22日水曜日

春雪の花・・・いよいよ原村も春へ

 クリスマスローズが咲はじめ・・・大雪科と思わせたように昨日は降ったが、やはり春、暖かい気温とともにどんどん降ってどんどん解け今朝は積雪約2センチ。紺碧の青空のもとで白い春の雪桜が咲いた。標高の高いここでは夕方には融け残った木々の雪が綿の花の咲いた木を演出してくれた。春本番前の一日ふた花の高原であった。ここでは雪の花も花。見落としないように・・・・。

雪桜がブルーに映える
夕方には綿の花のように・・・・
説明を追加


2017年3月21日火曜日

花街道はこの曲で

2017年・花情報スタートへ

昨年は途中までとなり訪れて頂いた方には失礼しました。2017年も春になり新ためて身近なところから花にまつわる情報を写真を多くとり入れて記していきたいと思います。
標高1300メータ八ヶ岳の麓原村の辺りも、ようやく春をハッキリ知らせてくれるようになってきた。福寿草とクロッカスが咲き始めた。