下の音楽を聴きながら。

音楽を聴きながら写真をクリックしてお楽しみください。

2017年12月12日火曜日

街道の冬の華か・・・

 いよいよ雪の花が咲き出し・・・
花街道もしばらくは雪の華で新しい景観を訪れる人に与えてくれる。厳し冷え込みは、街道を美しくみせる。八ヶ岳、南アルプス、富士山・・・高い山は厳しい形の白銀山になり、高原は白く、青く、黒く・・・光と枯れこんだ植物で、普段には見られない造形を描き出す。
今シーズン初の本格的な雪景色。ゆっくりゆっくり走り、常に変わる雪の造形を見る旅も楽しい。









白樺の背景に北アルプスが見える。深山交差点付近。


遠くに富士山

2017年12月3日日曜日

高原の12月入口意外と穏やか・・これからが

まだ、積雪はないが・・・
昨年は11月下旬に一度積雪したが、今年はまだない。予報では来週あたりから寒さが一段と厳しいようであるが。八ケ岳中央高原は諏訪湖方面から吹き上げる風で寒い。晴天の日々の夕方は気温が急に下がる。この寒暖の差が恵みをもたらしてくれるのである。今はその畑も眠り、来春への土休めであろうか。
 鉢巻き道路の木々は冬への準備も終わり、葉は落ちて雪の重みにも耐えられる。自然はそれぞれの季節の変化に合わせ準備し姿を変える。人々もそれに並走するように暫し休息を取る。




2017年11月23日木曜日

花街道が美しい

 八ヶ岳エコーライン沿い・・絶景
山の峰に雪が覆われるこの時期、裾野の晩秋の秋色、そして刈り取られた稲の田んぼ・・と美しい冬への入口風景が見られる。花は眠っているが別の花が咲いている。夕日にてらされた八ヶ岳やアルプスが訪れる人を楽しくさせてくれる。
空気は諏訪湖方面から吹き上げる風で冷たいが、黄色く色づいた晩秋の木々、枯れススキの揺れて輝く穂、山は澄み白く輝く。この広がる景色に冷たい風の中でも足を止めたくなる。まさに今が見ごろの花街道である。







 
   

2017年11月17日金曜日

秋の名残を見ながら冬本番へ・・

 林道の秋は思い出になり・・
 つい先日通った秋色の林道も今やスケルトンになり、林の向こうが見えるようになると山は冠雪し、冬の気配をどんどん標高の低い都会に運んでいく。八ヶ岳花街道を取り巻く山もすっかり雪の帽子を冠り、カラマツの秋色を裾野に広げ平野も冬の景色を呈してきた。なんと季節の代わり目は心地よいのであろうか。短い時間の間の色の変化が訪れる人々を癒してくれる。冬の色も今は秋色と重なっている。






 花街道も冬の花色を・・
 八ヶ岳の周回道路は場所場所によって八ヶ岳連峰、北アルプス、南アルプス、中央アルプスを見ることができ、その峰の雪の花がこれから深くなる。そして、春へ近づいていく。



 北アルプスの峰が美しい。
八ヶ岳へ向かう農道。
  

2017年11月10日金曜日

晩秋の心地よさ・・街道も今が

 八ヶ岳花街道の晩秋は今が・・・
街道の花はいよいよ眠りについたようである。朝晩は零下の日が少しずつ増えて、朝の霜が残り花を少しずつしだれさせ、花は土色に変わり始めた。もう少しすると高原でも雪が見られるのではないだろうか。晩秋の木々、山裾を埋めるカラマツ、その枯葉は下から落ちて、最後の紅葉がカラマツの丁部に残る。来週あたりから雨予報、山の稜線は雪で覆われるであろう。街道の晩秋はそろそろ冬へ移るであろう。